【業者を使ってクレカ現金化】クレジットカード現金化をするときに必要なもの3選

業者を使ってクレジットカード現金化をする場合、いくつか必要なものがあります。
基本的には誰でも利用することができますが、必要なものが揃っていないと原則として現金化することができません。
何を準備しておけばいいのか把握しておきましょう。

自分名義のクレジットカード

まずは現金化に使うクレジットカードを用意しておきましょう。
他人名義のカードは現金化には使うことができないので、自分が名義人になっているクレジットカードを準備します。
どのクレジットカードが使えるのかは業者にもよります。
国内で発行されたものならほとんど利用することができますが、マイナーなカードしかなくて心配なのであれば事前に業者に確認しておくと安心。
ショッピング枠を利用して現金化していくため、ショッピング枠のついた自分名義のカードが必要です。
いくら家族であっても自分名義のものしか使えないので注意しておきましょう。

振込に使う自分名義の口座

クレジットカード現金化をした場合、現金の受け取りは基本的に振込になります。
来店するタイプの業者であれば直接渡されることもありますが、ネット店舗だと振込にだけ対応していることが多いです。
振込に使う口座は、自分名義のものを準備しておきましょう。
申込者と口座の名義人が違う場合、入金をしてもらうことができません。
振込口座は国内の金融機関であればだいたい使うことができます。
口座によって振込手数料の金額が違うこともありますから、問い合わせをしたときに聞いておきましょう。
ネット銀行、モアタイムシステムに加入している口座であれば、24時間振込OK。
振込時間も考えてどの口座を使うのか考えるようにして下さい。

本人確認ができる公的な書類

クレジットカード現金化をするときは、本人確認が必須となっています。
本人確認に使うことができるのは、運転免許証、パスポート、年金手帳、マイナンバーカードなどの公的な書類です。
しかし、公的な書類がない場合は、光熱費などの領収書でOKになる場合も。
1点提出すれば良い場合もあれば、2点提出が必要など、業者によっても違いがあります。
自分の物だと証明するために、身分証と一緒に撮った顔写真を送る場合もあります。
身分証と自分の顔を一緒に写真に撮り、本人確認をするという流れ。
顔写真も必要かどうかは業者によっても違います。

職場情報や給料などの情報を聞かれたときは要注意

クレジットカード現金化をするときは、仕事をしているかどうか、収入などは関係ありません。
しかし中には必要のない個人情報を聞き出そうとしてくる業者もあるので注意しておきましょう。
職場の住所や電話番号、年収が証明できる書類の提出を求められるなどの場合は、詐欺の可能性が高いです。
本来はクレジットカード現金化には必要なものではありませんから、言われるがままに提出しないようにして下さい。
特に、職場情報を伝えるのは危険です。
会社に催促の電話がかかってくる、現金化したことをネタにして脅してくるなどの事例もあります。

クレジットカード現金化に必要なものは基本的に3つだけ

クレジットカード現金化をするときに必要なものは、クレジットカード、振込口座、身分証明書の3つです。
全て同じ人が名義になっている必要があるので、間違っても他人の名前で申し込んだりしないようにしておきましょう。
顔写真付きの証明書がない場合は、他の物で代用することもできます。
どうしても準備できないのであれば電話相談してみましょう。